安心安全で食いつきがよい

我が家のまめしばは今の国産の馬肉のドッグフードに変えてから食いつきが良くなりました。てか、ホント良く食べますね。

 

ドッグフードは海外産とか、グルテンフリーとか色々試してみてたんですが、ドッグフードを今のに変えてから涙やけとか口臭がだいぶ良くなりました。

 

>>国産無添加の馬肉ドッグフードの詳細はこちら

 

うちの子はお肉系のドッグフードが好きみたいで、前に使っていた穀物が主体のものは全然食べてくれなくなってしまったんですね。
肉系でも、牛肉や豚肉はイマイチ食いつきガ良くなくて、1ヶ月ぐらいすると食べなくなってしまっていました。

 

どうしたもんかと思っていたんですが、ある日、友達の家にうちの子をつれて遊びに行ったんですね。

 

友達と二人で子供の教育の話とか旦那の愚痴の話とかを夢中になって話していたら、
うちのまめ柴と、ともだちが飼っているチワワがどっかにいったんですね。

 

 

なんか急におとなしくなったので違う部屋を覗いてみたら、二匹で一緒に仲良くご飯を食べていました。
私はよそのおうちのご飯を勝手に食べているのが恥ずかしくなって、注意したんですが、全然無視です(゚Д゚)

 

 

とにかく食いつき良くガツガツ食べていて、うちの子があんなにハグハグ食べているのは初めてでした。

 

友達は全然気にしなくていいよ〜なんていっていましたが、かなり恥ずかしかったです。

 

さぞかし美味しかったみたいでゲップしながら口をペロッってしていました。サラリーマンのおっさんみたいでした(-∀-)

 

あまりにも食いつきガよかったのでそのドッグフードを教えてもらったところ、九州にある馬刺しの専門店が会社が作っている馬肉のドッグフードでした。

 

 

 

馬肉で国産のものなんて、値段も高いと思っていたんですが、通販だと全然安いので助かってます♪
ペットショップとかを通さないでメーカー直で購入できるのでおにぎりを一日1つ買えるぐらいの値段で買えました。

 

スマホでサッと注文できますし、家まで運んでくれるのもいいですね。
前はペットショップで4キロとか購入して、家まで持って帰ってくるのが大変でしたからね。

国産馬肉のドッグフード選びのコツ

ドッグフードって色々あって選ぶのも大変です^^;
私が選んでよかったと思ったドッグフードの特徴というか選び方のコツを3つ紹介しますね!

 

ドッグフードを選ぶときの参考になれば嬉しいです♪

 

人間でも食べられるか

人間が食べられるものを原料に使っているものを選んで購入しています。


ヒューマングレードっていうらしいですが、人の食品と同じものを使っているものをヒューマングレードといいます。

 

人間も食べられるものを選ぶと食いつきが良いです。
あと、自分が食べられるものをあげたいというか、食べられないものをあげるのは不安です。

 

甘くないか

ドッグフードは肉や穀物、魚などから作られているので、本当は甘い味はしないです。
甘いのは人工甘味料が使われている可能性が高いです。

 

甘味料はワンちゃんの体に悪いので入っていないものを選ぶように注意しています。

 

脂っぽくないか

表面が光っているものは酸化を防ぐための油が吹き付けられている可能性が高いです。
粒を手でギュッと絞ってみて油が出てくるのはやめといたほうがいいです。

馬肉とラム肉のドッグフード一覧

馬肉のドッグフードで国産で無添加のものって私が知るかぎり、一つしかなかったです^^;

 

食いつきがよくて健康になってくれた国産の馬肉のドッグフードと、まめ柴とは違う子にあげているラム肉のドッグフードも紹介しますね。
参考になれば嬉しいです^^

 

馬肉で無添加で国産のドッグフード

馬肉ドッグフード自然づくり


馬肉専門店の新鮮な馬肉を原料に使っていて、国産で、小麦フリーで獣医さん監修。

 

馬肉は低脂質なのでヘルシーですし、栄養価も非常に高いです。
うちのマルチーズはこれをあげるようにしてからは食いつきが良くなって元気になりました。

 

私も馬刺しが好きで良く食べますが、ワンちゃんも馬肉はご馳走なんですね。

 

>>馬肉自然づくりの詳細はこちら

 

ラム肉で無添加ののドッグフード

こちらは国産ではないんですが、ラム肉は使っていて、アレルギーの原因となる小麦やとうもろこしなどを使っていないドッグフードです。
ワンコによって好き嫌いがあるので私はラム肉のものも愛用しています^^

 

海外のペットフードの規制は日本より厳しいみたいで、海外産のものって日本よりもはるかに厳しい基準で作られているものもあるので、国産より安心だって言う人もいます。
私は日本産でも海外産でもワンちゃんが気に入ってくれてちゃんとしているものならいいとおもいますけどね^^;

 

アランズナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード ラム肉
ペットフードに厳しい国イギリス産で無添加のラム主体のドッグフードです。
ドライフードには乾燥したラムを使うことが多いそうですが、これは生のラム肉を55%も使っています。

 

ラムは低脂肪で栄養満点なのでダイエット食にも良いです。うちのパグも凄い勢いで食べています。

 

また一般にアレルギー源となりやすいと言われる、小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉は入っていないです。
2年前に発売したんですが、発売以来無添加のラム肉好きの愛犬家の間で人気沸騰中みたいです。

 

>>アランズナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら

 

ブッチ

新規バナー
ペット事情が世界一厳しいニュージーランドで一番人気があるドッグフードです。

 

乾燥しているドライフードではなく、生っぽいウェットタイプです。
こちらのブッチのブラック・レーベルという黒いやつがラムの赤身をを配合しています。

 

生タイプのフードが好きなワンコにおすすめです。小分けになっていて管理がしやすいのでおやつにもいいですね。

 

デメリットとしては高いことですかね。初めはトライアルセットでどれが気に入るかを試せたのがよかったです。グルテンや保存料など添加物はなしです。

 

>>ブッチの公式サイトはこちら

グルテンフリーのドッグフードの疑問

グルテン(小麦)って本当に悪いの?

オーガニック志向の人たちの間で小麦抜きのグルテンフリーとか流行ってますよね。
ハリウッドのセレブたちが流行らせたみたいですね。
世界一のテニスプレイヤーのジョコビッチ選手は小麦を抜いた料理を食べるようになってさらに強くなったらしいですね

 

 

まず、グルテンですが、小麦やとうもろこし自体がグルテンなのではなくて、小麦などから取れるタンパク質がグルテンです。
グルテンに弱かったり、グルテン不耐性の子はアレルギーが出てしまうことがあります。

 

アレルギーは牛肉や豚肉、鶏肉などにもありますし、個体差もあるのでグルテンが完全に悪者ということではないです。
小麦を食べてもなんともない健康なワンちゃんにとっては貴重な栄養源となります。

 

人間もパンとかパスタとラーメンとかピザとかの小麦製品を食べても全然平気なヒトがほとんどですしね。
ワンちゃんもグルテンアレルギーなのは全体の1%ぐらいらしいですよ。

ワンちゃんのびっくり体験談

夫婦でマルチーズを飼っているものです。

 

以前、うちに友達のチワワが来た時にびっくりしたことがありました。
チワワのオスだったんですが、去勢はちゃんとしていました。

 

でも、うちの嫁さんが凄く美人だったのかやたらとなついてきて、しまいには足にしがみついて腰をカクカクしていたんです。

 

友達はすぐに叱っていたんですが、やめてもすぐにまたハァハァしながら腰をカクカク振っているんですね。

 

確かに嫁さんが美人なのは分かりますけど、やっぱり動物のオスだとハッキリわかってショックでしたね。
しかもうちで飼っているマルチーズじゃなくて人間の女性ににカクカクしてましたからね。
正直かなり気持ち悪くてムカつきました。